本文へ移動

花ごよみ 萩城跡指月公園

萩城跡のミドリヨシノ

ミドリヨシノは、ソメイヨシノに似ていますが、ガクが緑色であることからミドリヨシノと名付けられています。
花びらは純白色で、緑色のガクとのコントラストがとても綺麗です。
例年、ソメイヨシノよりも少し早く咲き始めます。
また、日本では萩でしか見ることのできない貴重な桜で、1本のみでありますが、指月公園内の「志都岐(しづき)山神社」参道、旧明倫館遺構「万歳橋(ばんせいばし)」の東側に、根元の幹周1.7m、樹高6m、推定樹齢が100年あまりで山口県指定天然記念物です。

萩城跡のソメイヨシノ

萩城跡指月公園では、約600本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所で、桜の開花である3月下旬~4月上旬は、開花時期にあわせて18:00~23:00の間、夜桜ライトアップが行われます。
また、萩城跡指に隣接する萩八景遊覧船では、桜の開花時期にあわせて「桜観賞コース」として、約50分程度の特別運行で、橋本川土手の桜並木を船上から眺め楽しめます。
この他にも、秋の企画として、桜紅葉観賞コースとして、川土手の桜の紅葉や日本海観賞コースとして、船頭さんがジオパークの視点を加えたガイドを行いことや船上から箱メガネで日本海をのぞき生息する生物に出会えるかもしれない、わくわく感溢れる特別コースもあります。

一般社団法人萩八景遊覧船へのお問い合わせ

住所:萩市住所堀内122-1(指月橋そば・萩城跡入口付近)
電話:0838-21-7708
アクセス:萩循環まぁーるバス(西回り)「萩城跡・指月公園入口 北門屋敷入口」バス停より徒歩0分

萩城跡の御衣黄

御衣黄桜とは、ソメイヨシノが散った後、4月中旬~下旬頃に咲く桜です。
サトザクラの品種の1つで、開花したばかりの花は淡い緑色、徐々に黄色に変化していき、やがて花びらの中心部が赤く染まっていくのが特徴です。

ハギ

TOPへ戻る